働く女性

女性のストレスと薄毛について

女性の薄毛は髪全体がボリュームダウンしていくイメージがあります。

ストレスは元々物理学用語で、物理的な状態に対して使われていました。 その用語が生物学にも使われるようになり、外からの刺激に対して身体が反応する様子や、心が歪んだ状態などを意味するようになりました。

ストレスは、次の3つの要因に分けられるようです。
1.物理化学的ストレス … 気温や化学物質、外傷など、物理的や化学的な物事で起きるストレス。
2.生理的ストレス … 病気や過労、ダイエット、睡眠不足など、生理現象で起きるストレス。
3.心理的ストレス … 対人関係や緊張、恐怖、悲しみ、怒り、不安、喜びなど、心理的な要因で起きるストレス。

ストレスに対する身体の反応は人それぞれですが、その人のストレスの許容範囲を超えると、自律神経のバランスが崩れ、身体に何らかの異常が起こります。その異常の症状として、薄毛や酷い時には円形脱毛症になる方がいるようです。

そのメカニズムですが、免疫細胞のひとつTリンパ球は、ストレスが原因で毛母細胞を異物として誤認、攻撃してしまうことで薄毛の進行が促進されます。また、ストレスを感じると首の後ろにある僧帽筋(そうぼうきん)が緊張状態になり、血行不良を起こします。これによって、毛母細胞に栄養などが届かなくなり、毛髪の成長がストップしてしまいます。

頭皮の血行を良くするには、頭皮マッサージが効果的です。頭皮が柔らかくなり、健康な毛髪が生える環境を整えるだけでなく、ストレス解消にもつながります。 また、薄毛の進行は身体が異常を訴えているサインです。自分自身を見直す良い機会と考えて、生活習慣を改善してみてはいかがでしょうか。 ストレスを溜めないようリラックスする時間を設け、バランスの良い食事を摂り、適度な運動を行うなど出来る限り規則正しく生活し、体調を整えるよう心掛けましょう。

薄毛はもちろん、抜け毛やはり・コシなどに関しても効果を実感して頂けます。
新発想の女性専用無添加育毛剤